記事リスト

エアコンとその違い

空調

業務用での特徴

オフィスビルや商業施設などで利用されているエアコンは、業務用エアコンと呼ばれるもので、個人宅用のエアコンとは異なるものになっている。業務用エアコンでは通常は、天井への埋め込み型になっており、家庭用のエアコンと比べ出力が強いものになっている。業務用エアコンは、広いオフィスビルや商業施設全体に対して空調を行なうものである。個人宅に比べ、温度管理するスペースが広くなるため、その分強力なものとなっている。特に、商業施設などでは扉の開け閉めなどにより外気の影響を受けやすくなる。その為、強力な業務用エアコンが必須となっている。個人宅においても、広いリビングなどがある住宅や吹き抜けとなっている住宅などでは業務用エアコンを導入するケースがある。広いリビングなどでは、オフィスなどと同じように広い空間に対して作用する必要があり、外気の影響も受けやすくなる。より快適な空間とするために、業務用エアコンを設置する家庭もある。業務用エアコンは、通常は広いオフィスに対し数台から数十台など多くの台数を設置して稼働させるものとなる。家庭用のエアコンでは、1台に対して室外機1台が通常である。しかし、業務用エアコンでは数台など多くあるエアコンを1台の室外機で対応できるといった違いがある。その分、室外機の大きさも大きくなるため、屋上などにまとめて設置していることが通常である。また力が強い分、消費電力も大きくなるということに特徴がある。

Copyright© 2018 エアコンクリーニングを業者に依頼【到着前にすべきことを紹介】 All Rights Reserved.