記事リスト

エアコンとその違い

空調

オフィスや商業施設などでは、業務用エアコンを設置し使用されている。業務用エアコンと家庭用などのエアコンの仕組みで大きな違いとしてあるのが、業務用エアコンでは複数台のエアコンを1台の室外機で対応できるといったことがある。

詳しく見る

業者が来るまでの準備

エアコン

室内機の下をあけておく

数年エアコンを使っていると内部に汚れが溜まり、雑菌の温床になってしまい、健康への悪影響も出ることがあります。フィルター掃除は自分ですることができ、エアコンによっては自動でエアコンクリーニングをできる機種もありますが、それでも内部まできちんと綺麗にすることはできません。数年に1度は業者にエアコンクリーニングを依頼して、健康被害がなくなるようにして、エアコンの性能をフルに発揮できることによって快適な空間となり、電気料金も節約することができます。エアコンクリーニングを業者に依頼したときに業者に来てもらう前にしておくことは、エアコンの室内機の下の荷物を畳1畳から2畳分位あけるようにしておきましょう。エアコンクリーニングをするときには、高圧洗浄機やバケツを置くことになるので、作業スペースが必要になります。業者はしっかり養生をしてからエアコンクリーニングを行いますが、水しぶきがまったく飛ばないとは言えないため汚れたら困るものや電化製品のように濡れたら困る者は別の部屋に動かしておいた方がよいでしょう。どうしても動かすことができない家具などは業者が移動をお手伝いしてくれるので無理に動かしておかなくても大丈夫です。できれば、エアコンクリーニングを依頼するときにあらかじめ自分では動かせない家具などがあることを伝えておくと間違いありません。また、エアコンを外して洗浄することもあるので、一戸建ての場合には駐車場、マンションやアパートの場合にはベランダや浴室が使えるようにしておいてください。

依頼するときの注意

女性

エアコンクリーニングを自分で行うと故障やケガの危険性があるので、業者に依頼するようにしてください。業者はもしものときのために賠償責任保険に加入していることを確認し、故障している箇所があるなど不安なことがあればあらかじめ伝えておくようにしましょう。

詳しく見る

お得で丈夫なエアコン

エアコン

業務用エアコンは大きなパワーと耐久力が魅力になっています。イニシャルコストは家庭用エアコンより高くなりますが、光熱費が安かったり更新頻度が少ないためトータルすると安価になります。また構造がシンプルなので故障が少なく、操作もシンプルなので誰もが扱いやすいと評判です。

詳しく見る

業者のクリーニングの仕方

空調

業者が行うエアコンクリーニングは大きく分けて3つになります。1つは外装パネルだけを外した簡易分解クリーニングで、他にドレンパンまで外した分解クリーニング、さらにファンまで外した完全分解クリーニングまであります。

詳しく見る

大きさとパワー以外の特徴

エアコン

業務用エアコンは大きくて、パワーがあるだけでなく、天井埋め込み型や天井吊り型など様々な形状があるのも特徴です。充分なパワーは三相200Vの動力から生み出されていますが、取り扱いには専門の知識と技術が必要になるため信頼できる電気工事店に取り付けは依頼して下さい。

詳しく見る

Copyright© 2018 エアコンクリーニングを業者に依頼【到着前にすべきことを紹介】 All Rights Reserved.